電車広告

電車広告とは、電車を利用する方々へ向けた広告です。主に車両内部を利用した広告を指します。
通勤・通学で電車を利用される方がメインターゲットになります。

広告効果を最大化するためには、広告の出稿目的を踏まえ、的確に効果的な路線、掲載箇所を予算に合わせ選定しなければなりません。
電車広告なら、実績多数、ノウハウありのサンエイ企画にお気軽にご相談ください。

電車広告の種類と参考料金

ご興味がある広告箇所をクリックしてください

電車広告の種類 中吊り 窓上ポスター 窓上ポスター 窓上ポスター 窓上ポスター ドア横ポスター ドア横ポスター ドア横ポスター ドア横ポスター ステッカー ステッカー ステッカー ステッカー ステッカー ステッカー ドア上 吊革広告 吊革広告 トレインチャンネル ステッカー

電車広告の種類 車体広告

中吊り

電車内の天井部分に吊るされる広告。
習慣的に乗降客が情報収集を行っているため、即効性が高いのが特徴です。掲出サイクルが短く、タイムリーな訴求を要する出版・流通業界の広告や新発売・新登場告知などに最適です。

料金例
JR山手線(7日間シングルで掲出した場合) 2,170,000円
京王線京王線(7日間シングルで掲出した場合) 900,000円

※シングルとは中吊りポスターのサイズのB3サイズ(横)のことを言います。写真はB3サイズを2枚つなぎ合した場合で、ワイドというサイズになり、より広告の訴求力を高めることが可能になります。

窓上ポスター

窓・ドアの上部分に掲出される広告。
掲出サイクルが比較的長く、反復訴求効果が高いのが特徴です。
路線を絞って掲出することもできるため、地域ごとにターゲットを絞って効率よく訴求できます。

料金例
メトロ有楽町・副都心線(1ヶ月間) 1,100,000円
小田急線(1ヶ月間) 1,580,000円

ドア横ポスター

乗降ドアの両サイドに人の目線と同じ位置に掲出されるため、自然に目に入りやすく、電車広告の中でも注目率の高い花形広告です。
車両形式によって設置されていない電鉄・車両もあります。中吊り・窓上ポスターに比べると掲出可能枠数が少なく、申込競争率が高いです。

料金例
JR線ドア横新B(D期・1週間・6面セット) 23,040,000円
JR線ドア横新B(D期・1週間・3面セット) 12,800,000円
京急線(ドア横ポスターB・1ヶ月) 1,140,000円

上記は参考料金です。電鉄、掲出箇所、期間により、変わってきますので、詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ先:0120-365-009

ステッカー

ドア横・ドアガラス面・ドア上部などに掲出される広告。人の目線に近いため、小さいサイズながら乗降客の目に留まりやすいです。
また、掲出サイクルが比較的長いため、反復訴求効果が見込め、深いブランド浸透が可能になります。

ドア上

乗降ドアの上部に掲出される広告。掲出サイクルは比較的長く、高い反復訴求効果が見込めます。

料金例
(首都圏(南武線209系、鶴見線、相模線、埼京線250系、
川越八高線(首都圏ローカル八高線は除く)、
りんかい線、常磐線(E231系・209系・E531系・501系)、
横須賀・総武線快速、中央総武線各駅停車、武蔵野線、
京葉線(209系)、湘南新宿ライン・上野東京ラインA・B、
セット)(1ヶ月)
4,360,000円
京急線(Aタイプ・1ヶ月・94mm×900mm) 60,000円
江ノ電(年間・100mm×540mm) 300,000円

上記は参考料金です。電鉄、掲出箇所、期間により、変わってきますので、詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ先:0120-365-009

吊革広告

吊革部分に掲出される広告。存在感・臨場感があり、商品イメージを強く訴求できる効果があります。
連なって広告が掲出されるためアイキャッチ効果が高く、乗降客の印象に残りやすいです。

料金例
JR山手線アドストラップ(4週間・1編成)

1,300,000円

上記は参考料金です。電鉄、掲出箇所、期間により、変わってきますので、詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ先:0120-365-009

貸し切り広告

1編成の車内すべての広告を独占できるメディアジャック型媒体。
インパクトが強いだけでなく、理解浸透効果・販売促進効果も見込めます。また、話題性が高いため企業のイメージアップにも効果的です。

料金例
JR山手線アドストラップ(4週間・1編成) 1,300,000円
JR山手線ADトレイン(C期・15日間・1編成) 9,000,000円
JR横浜線(15日間・1編成) 2,000,000円
京急線(KEIKYU BLUE SKY TRAIN)(15日間・1編成) 1,400,000円

上記は参考料金です。電鉄、掲出箇所、期間により、変わってきますので、詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ先:0120-365-009

トレインチャンネル

車内のドア上部に設置されたモニターを使った映像広告。
動画を使った広告は、多くの情報が伝えることができるため、信頼獲得・商品サービスの深い理解を目的としたPRに効果的です。
電車内ビジョン広告とも呼ばれ、鉄道会社によって名称も異なります。

料金例
JR線 (山手線、中央線快速、京浜東北線・根岸線、京葉線、埼京線、横浜線、南武線、常磐線各駅停車セット)
(スポットCM・1週間・15秒)
4,500,000円
JR横浜線のみ(スポットCM・1週間・15秒) 300,000円

上記は参考料金です。電鉄、掲出箇所、期間により、変わってきますので、詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ先:0120-365-009

車体広告

電車車体の両側面を使った広告。ホームで電車を待つ乗客に対して強いインパクトを与えます。
鉄道会社によっては、車体に貼るシートの形を変更できるので、オリジナル感が演出でき、大きな印象を与えることが可能です

料金例
JR山手線(2週間・1編成) 6,000,000円
JR横浜線(4週間・1編成) 3,000,000円
京急線(1ヶ月) 1,400,000円
江ノ電 (1ヶ月・600×3,000mm) 850,000円

上記は参考料金です。電鉄、掲出箇所、期間により、変わってきますので、詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ先:0120-365-009

電車広告が選ばれる理由

電車に乗ってから降りるまで、ずっと目に触れる機会がある。

電車に乗ったら降車駅まで一定時間電車内で過ごすことになります。
そのため、自然と目に触れさせることが可能です。また、電車が動いている場合、多くの人は止まっている状態でその広告を目にすることになるので、気になる広告であればじっくり読み情報を得ることができます。

通勤、通学は同じルート。効果的な情報の刷り込みが可能。

ビジネスパーソン・学生の方は、一般的に定期券を利用して毎日同じルートで通勤・通学しています。
移動の行動パターンが一定なので、何度も広告を目に触れさせ、商品・サービスの認知度向上に繋がります。

ターゲットに直接アプローチ。だから購買につながりやすい。

企業が伝えたい商品やサービスを全面に押し出した広告が主流です。
見込顧客が知りたい情報を提供するような間接的なプロモーションとは異なり、ダイレクトに宣伝が行えるため、直接購買につながる可能性が高いプロモーションです。

お店近くにいる方々に絞った沿線での宣伝。効率よくブランディング。

店舗への来店促進は、まずお店へ行ける人たちへのアプローチが必要です。
電車広告は沿線ごとに広告が出せるので、地域の方々に絞った宣伝活動が可能です。

電車は最新情報の収集場。トレンド情報の発信力にも。

電車広告はいつも新しい情報であふれているので、電車を利用する人にとってもトレンドを知る情報源となっています。
新商品や週刊誌の最新情報、新刊発売など、電車広告をトレンド発信の場として利用している企業も多いです。

このページのトップへ