サンエイ企画採用サイト

2016年度の新卒3人に聞きました!新卒インタビュー

営業部(エリア):堀 桃、営業部(エリア):栗田 あすか、営業部(AE&SP):柄木田 はるな

Q1サンエイ企画に入社を決めた理由を教えてください。

栗田

もともと電車が好きで交通広告の代理店に絞って就活をしていました。私は営業ですがデザインや制作、取り付けまで社内一貫で行えるところに魅力を感じ入社を希望しました。

柄木田

私は「広告関係の仕事をしたい」「とにかく東京で就職したい」の2軸で就活をしていたので、東京本社しかない広告代理店であるサンエイ企画に興味を持ちました。会社見学の際の社内の明るい雰囲気がとても魅力的で、入社を決めました。

堀

地域や地元の方に貢献出来るような仕事がしたくて、交通広告業界に興味を持ちました。自社で印刷やデザインができるため、より多角的にお客様に関われると思い入社を決めました。

Q2インターンをやってみてどうでしたか?

栗田

ビジネスマナーはもちろん、新規のテレアポや飛び込み営業、取り付け作業まで経験させていただき、会社の雰囲気や営業のノウハウを学び入社の準備ができたのでよかったです。

柄木田

「社会人の練習」という感じで、入社前の心の準備ができました。インターンのおかげで4月1日からスタートダッシュできます。 さらに日給がもらえるのでやる気も倍増です!

堀

実際に飛び込みやテレアポ、集金等一通りの業務に参加させて頂きました。社内の方ともコミュニケーションが取れるので、入社後すんなり会社になじむ事が出来ました。

Q3実際にサンエイ企画に入社してみてどうですか?

栗田

非常に風通しのいい会社だと思います。部署を問わず分からないことが相談できる雰囲気です。

柄木田

かなりアットホームな会社です。また近場に美味しい定食屋さんがたくさんあるのも嬉しいです。

堀

小規模な会社なので誰にでも相談出来て仕事がしやすいです。1年目でも意見があれば聞いてもらえます。

Q4面接はどうでしたか?

栗田

一次面接のときに「手持ちのものを何か1点紹介してください」と言われ、かなりとまどいましたが、いま思えば新規の提案を想定したものだったの かなと思います。面接官がニコニコ聞いてくださったので変な緊張感もなくできたのを覚えています。

柄木田

全員を平等に見てくれている感じがして、かなり安心感がありました。就活中に受けた面接の中で、サンエイ企画が最も面接官がニコニコしていた会社だと思います。

堀

一次面接で絵を描くのが趣味だと話したところ、最終面接で絵を描いて下さいと言われてかなり慌てました。特に選考に影響のある問いではなかったと思うのですが、個人の特性をきちんと見てくれる会社だと感じました。

Q5所属している部署の雰囲気はどうですか?

栗田

相談にも乗ってもらえるし、新規営業のポイントをその場でアドバイスしてもらったりしています。いまは私と同期それぞれに先輩が1人ついてくださっているのでとても心強いです!

柄木田

かなり和やかな雰囲気で、上司に冗談をかましても笑ってくれるので幸せです。そんな雰囲気でも仕事が速い上司ばかりで憧れます。

堀

半年間は同部署の先輩に一対一で指導して頂きました。分からない事もまだ多いですが、その都度サポートしてもらえるので安心です。

Q61年を振り返ってみてどうですか?

栗田

交通部の営業として駅やバスの広告の販売はもちろん、お客様の店舗の施工や印刷物にも携わっています。分からないことも先輩に相談してお客様の希望に応えられるように努めています。まだまだ日々勉強!です。

柄木田

自分に自信がついてきて、自分1人で仕事を進められるようになってきたのでとても楽しいです。また、社会人になって時間が経つのがかなり早くなり驚いています。毎日無駄にしないようにしっかり過ごしていきたいと思います。

堀

業務のメインはこちらからのプッシュ営業なのですが、既存のお客様に担当だと覚えて貰えたのか広告以外のご相談を頂く事も出てきました。最近訪問の際に「もう1年なの」と驚かれます。

Q7楽しかったことを教えてください

栗田

現在、逗子市の商工会様との広告に携わっているのですが、地域の発展に広告という形で関わることができ嬉しいです。お客様や地域の方々に教えて頂くこともたくさんあります。

柄木田

自分がデザインしたもの、自分が関わったものが人の目に触れるのがとても嬉しく、そのような仕事ができるのが本当に楽しいです。

堀

入社当初、江ノ電の駅看板をメインに営業させて頂く事が多かったのですが、自分が担当になった看板が一つの駅に増えていくのを見るのが楽しかったです。お客様からも看板ならと頼りにして頂けて嬉しかったです。

Q8辛かったことを教えてください

栗田

既存のお客様が広告掲出をやめてしまう時は悲しいです。やめる理由はお客様によりそれぞれですが、お客様の希望にそえるように新たなご提案をしていきたいです。

柄木田

体調が悪いときに忙しさのピークが来てしまい、「頭まわらないし、いつまでも仕事終わらないし・・・」となってしまったときがかなりつらかったです。改めて健康第一!と思いました。

堀

広告主のお客様と電鉄との間で板挟みになった時は大変でした。電鉄からの要請でお客様の広告サイズを変更する事になったのですが、突然変更が決まってしまった上、お客様に落ち度があるわけでもなかったのでお願いするのが心苦しかったです。

Q9成功体験を教えてください

栗田

バス広告を新規で提案した際にサンエイ企画で印刷物もできることを知っていただきバス広告とリーフレットあわせてお申込みいただいたときは、サンエイ企画の強みを実感しました。

柄木田

入社当初、上司からあるお客様(京都にあるアパレル業社)を引き継ぎました。上司が築いてきた信頼関係を崩さないよう、新人で仕事が遅いなりにもとにかくスピード対応を心がけていました。
その結果、現在では上司のときよりも売上額を伸ばすことができました。さらに会社から「一度先方にご挨拶に行っていいよ」との声がかかり、京都にも行かせて頂きました!

堀

バスの後部板を実施して頂いたお客様に、効果があったと直接お礼を言われた事です。気に入って頂けたようで、一年間の内に掲出数を2倍に増やして頂けました。

学生へのメッセージ

栗田
就活はメンタルも体力的にも大変ですが、自分で選んで納得した会社には楽しいことがたくさん待っていると思います。後悔のないように全力で取り組んでください!
柄木田
明るい後輩が入社してくれればいいなと思っています!元気な人、お酒が好きな人、笑いの沸点が低い人などなど、我こそは!というみなさん、ご応募お待ちしております!
就活に忙しく気が滅入る事もあるかもしれませんが、学生でいられる最後の年でもあると思うので是非楽しんで下さい。

マイナビ2018年はこちらから
マイナ
ビ2018

このページのトップへ