不動産業界

不動産業界の交通広告ポイント

不動産業界は、新築分譲マンションの販売や、モデルルームのご案内、住宅展示場のイベントなどの告知を行い、集客・物件の販売を目的とした活用がメインとなります。不動産はエリアが決まっているものなので、広告を行うエリアについても戦略的に考える必要があります。また、販売時期・イベント時期などタイムリーな情報でプロモーションを行っていく必要があります。

不動産業界の交通広告を行うメリット

メインターゲットは、住宅購入を検討しているビジネスパーソンです。交通広告は通勤・商談などでの移動時に目に触れる機会があるため認知度を上げることが可能です。また、通勤は同じルートなので反復的に目に触れる機会ができ、記憶に残りやすくなります。不動産購入は、検討から購入に至るまでの平均期間は約半年というデータもあるため、交通広告で反復して目に触れさせPRすることは非常に効果的です。

「子供の教育も考えて、都心から少し離れた住宅街に家を買いたい」「家を買うことはもう決めているが、どこに依頼しよう」など、すでに不動産購入の意思がある人から、「そろそろ子供も大きくなったから家の購入を考えなきゃいけない」「このまま賃貸マンションで暮らしてくのは不安だ」といった考えを持った見込み客へのアプローチになります。

サンエイ企画のおすすめプロモーション例

媒体 ラッピングバス広告
サイズ -
台数 2
掲出期間 12ヶ月間
広告料金 4,000,000円(税別)
<内訳>
・掲出料金
 @1,000,000×2台=2,000,000円
・シート印刷、施工、剥離作業一式
 =2,000,000円

POINT

バスの車体をまるごと広告とするラッピングバス広告は、駅前のバスターミナルや交差点、街を歩いている人たちの目に自然と入りやすいおすすめの広告です。
営業所ごとで走行区域が決まっている為、商圏範囲を絞り込んでいる不動産業に適した広告です。
駅から離れた住宅街に走るバスに広告を出すことや、販売する物件やモデルルームの近くを走行するバスに掲出すると効果的です。

交通広告のお問い合わせ・ご注文はお気軽にご連絡ください!

TEL: 0120-365-009

FAX: 03-3355-3326

お問い合わせフォーム

このページのトップへ